今日から断食!

断食でダイエット

断食の本来の意味と内容について知る

私のイメージでは断食イコールダイエットなのですが、本来どういうものなのか調べてみました。

インターネットで調べていると、修行のひとつだということが目に入りました。

私がしている断食のダイエットは何も食べてはいけないわけではないので、修行というほど辛いというわけではありません。

しかし本来の内容であると、何も食べてはいけなかったようなので、とても辛いものだと思います。

小学生の頃、歴史の内容の漫画でブッダについて描かれているものがあり、読んだことを思い出しました。

そのなかでブッダが修行のひとつとして行っているのですが、死んでしまいたくなるほど辛いものであることが描かれていました。

空腹を耐えることはとても辛いことだと思います。

その行為を行うことによって忍耐力がつくということを考えて、そういう内容の修行ができたのでしょうか。

毎日好きなものを食べて飲むことができるのは幸せなことだと思いますが、私も断食ダイエットという修行を積んで、理想の体型を手に入れられるように努力しようと思いました。

修行のひとつとして行われていた断食ですが、宗教によって行う内容は様々だということが調べていて分かりました。

一日中ずっと食べてはいけない、という意味合いだと思っていましたが、宗教によっては食べてはいけない日や時間帯が決められているものもあるようです。

また、断食という言葉であるので、食べることを断つということだと思っていましたが、ある宗教では肉を食べることを禁じることが食べる事を断つという意味として行われていることが分かりました。

ただ何も食べないということだと今まで思っていましたが、ある一定の物を食べないということも断食に含まれるのだということは知らなかったので驚きました。

宗教によってその行為がなぜ始まったのかは、理由も様々だと思います。

国や宗教によって始まったきっかけは様々なのでしょうが、そうして行われてきたことが今ダイエットのひとつとして行われているということは始めた人々は予想することなんてとてもできなかったのではないでしょうか。

Comments are closed.